腐女子のおくる徒然日記。
まず“はじめに”をご覧下さい。
*ネタばれやBL要素もあり
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< はんなりまったり行きましょ。 | main | すっぺりゅーん☆ >>
何、この展開は。
 
本屋でド.イ.ツ旅行雑誌見て色々と夢を馳せつつ…(ぇ
今日、やっとこさBLEACH47巻とREBORN31巻買ったお!


うん…、なんか色々とキツイよ、これ(;ω;`)
ってことで、感想は続きから。
____________________________

○コメ返
>一条さん
お久しぶりですー!やっぱり京都は良いですよ〜v
持参したデジカメのフラッシュが止まるところを知りませんでした(ぇ
兄ちゃんちの人たちは本当に茶目っ気があって笑顔の素敵な人たちでしたv
機会があればまた行きたいものです(*´ω`*)


 
○BLEACH

初っ端、人物紹介部分の藍染さんに不覚にも噴いたww
夜一さんのセクシーな衣装にドキドキ//(ぉぃ

うーん、何か藍染が本当に化け物じみた強さというか…。
あの夜一さんと浦原さん、そして一心さんがあっという間にやられるとは。
霊圧ってのは、その大きさとか強さに差が付き過ぎると、
弱い方は相手の霊圧を図る事が出来なくなる…。
でも、一護は藍染のあの強さを理解できていた…ということは、
一護には藍染の霊圧に匹敵する力が秘められているという解釈?
でも、実力はその段階までまだ引き出されてはいないということ…か。

と、ここで小休止。
まさかの藍染様Ver.ロングヘアーww
すっかり初登場時のヨ●様っぷりは消え失せてしまったなw

んで、色々とすっとばしてしまいますが。
藍染ついに空座町に来てしまったんだな。てか通りすがりのおじさまが…
藍染はあくまでも、一護の力を最大まで引き出したい…ってことなの?
しかし、そのために一護の友人たちを手にかけようとするなんて…

そしてここでまさかの乱菊さん!
何か藍染が自分と話すのが苦手なのかって聞いてる場面で、
もしや過去にギンも絡んで乱菊さんは何か藍染と関わる事があったのかと推測。
てか、もしかしてそういう描写とか過去にあったりした?覚えてないけど。
だから、やけにギンが藍染から離れたがったのかなとか…
って、ちょぉぉぉぉ!!!
え、これ、乱菊さんまさか…死???
いやいや、それは無いと思っているけど、その次の話の扉絵、
あれかなり乱菊さんやばそうだったじゃないか!?
いやだ、これかなりショックが大きいんだけど…。
相手がギンかもしれないってところがまた何とも…やっぱり辛いね。

一護の友人たちもヤバい状況だし、これ次巻が早く見たい><

○REBORN
継承するとかしないとか、SHITT-Pが案外砕けた話し方だったとか、
もう色々と言うべき事があるかもしれないが……、
いや、これ本当、本気でショックだったというか…結構辛いんですけども。

なんで、山本があんな風に襲われることに…!(;ω;`)
いや確かに、シモンの秘密というか、知られてはならない部分を
山本は少しだったけど知ってしまったわけで…、
マフィアの世界じゃそういう奴は消されるってことなんだろうけど…
だって直前の会話凄く楽しそうに話してたじゃない…!
少なくとも山本は薫の事を友達だと本気で思っていたわけだし、
向こうも徐々にだけど心開いてきてた…って感じだったのに。
それだけに凄く悲しいですよね〜…。

リボは腐的に見たらヒバ様受けスキーと言ってる私ですが、
純粋な目で見た時に一番好きだったのが山本なので…。
この巻は結構衝撃的というか…鬱展開的な。

そして、展開が急すぎてついていけないんだぜ…(´・ω・`)
後、最後がちょっぴりご都合展開的に感じてしまったごめん。


というわけで、テンション上がらないままに感想が終わってしまった。
だって、乱菊さんといい山本といい、色々とショックが…orz|||
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK